留学さえすれば英語が話せるようになると言うのは大きな間違いです。英語圏の中にも英語が話せなくても何とか暮らせる国はたくさんありますし、そもそも短期留学で英語が話せるようになるのは難しいでしょう。学校に通っていればそこには日本からの生徒もいる事でしょう。困ったことがあればカウンセラーに日本語で尋ねることができるかもしれません。安心といえば安心なのですが、楽ばかりしていてはいつまでたっても英語力は伸びません。
学校の授業は真面目に聞き、宿題をきちんとする、それらは当然であるとして他に何ができるでしょうか。学校にはよくノーティスボードと呼ばれる掲示板のようなものがあります。そこには仕事を探していたり部屋を探していたりする人が短いメモを貼っています。その中にランゲージエクスチェンジしませんか?というのを見かけることがあります。これはつまり自分の国の言葉を教えるのであなたの国の言葉を教えてくださいと言うものです。日本語を学びたい現地の学生を捕まえることができれば、生きた英語を学ぶチャンスです。
学校で学んだ文法を実際に使ってみてそれがきちんと通じると言う経験を繰り返していけば、確実に英語力が上がっていきます。

それから、留学する前にどれだけ英語を勉強しておくかということも重要です。たとえ英語を学ぶために留学するのだとしても、やはり最低限度のコミュニケーションが取れるだけの英語力が身についていなければ、留学先での生活にも支障が出てしまう恐れがあります。
ですから事前にある程度の準備はしておいた方が良いでしょう。
特に最近の英会話教室は、留学やホームステイの準備に特化したコースを設定していますので、効率よく学習することができます。
例えば自らも留学経験を持っている日本人講師が、その経験をフルに活かして、実際に海外で生活するために必要な英会話のスキルを優先的に教えてくれます。
また留学先で実際に起こり得るシチュエーションを想定して、その場での対応に必要なフレーズを教えてくれますから、より実践的な英語力を身につけることができます。
そして英語の学習に限らず、海外の学校からの留学に関する情報なども提供してくれますから、それを基にして留学の計画を立てることも可能です。
ですから留学の前には、こういった英会話教室に通うなどして、しっかりと準備を整えておくことをおすすめします。

PR
ライブチャット|PagerankExplore|相互リンク|ライブチャット|心の童話|MY2-Link|驚愕頭部|ショッピングカート設置|スマホアフィリエイト|女性の人生|総合リフォームの素敵な情報サイト|