アメリカ留学中にラスベガスでびっくり

かれこれ2年ほど前の話ですが、アメリカラスベガスに行ったことがあります。ラスベガスというと、やはりカジノですね。当時私はニューヨークに語学留学していましたので、カジノを目的に旅行に行きました。まず、ラスベガスの空港に着くとびっくりしました。なぜなら、なんと空港にカジノがあったからです。数は少ないのですが、スロットやらなんやら、いくつかありましたのでびっくりです。そして街中にいくと、至るホテルの中にカジノがありました。ここで驚いたのは、あたりが出た場合に出てくるのは現金であることです。向こうの小銭が出てくるので驚きました。自分は日本でギャンブルやパチンコをあまりやったことがなかったので、なおさら驚きました。ゲーム自体は、少額なら勝つ可能性が高いものから、そうでないものまで幅広くあったので、自分のような初心者でも十分楽しむことができました。また、びっくりなのは、ここラスベガスは室内でも喫煙可のところが多いことです。アメリカは大半は室内は禁煙なので、これはうれしい誤算でした。アメリカ留学中は、こんな小旅行がとっても良い息抜きになりますよ。